セルライトが発生する原因


セルライトが発生する原因について、ご説明しましょう。のちほどセルライトを除去する効果が期待できるマッサージ法なども紹介していきますが、まずはセルライトに関する基礎的な知識を持ち、原因について考えてみましょう。

皮膚の下には脂肪組織が毛細血管の周囲にあります。これが流されることがないようにコラーゲンという物質で囲まれています。コラーゲンは、お肌にハリとうるおいを与える物質としてコラーゲン入りの化粧品なども販売されて、女性に大人気ですね。しかし、コラーゲンは、加齢による女性ホルモンの影響で、本来持っているコラーゲンの結合力が弱くなります。

結合力が弱まると、少しずつ繊維が破壊されますが、再生されます。コラーゲンが異常に増えることもあります。このような状態になると、脂肪細胞や体内の老廃物とくっつきやすくなり、その結果セルライト現象が発生します。セルライトができても、なかなかすぐに気付きにくく、ある程度進行すると、オレンジピールスキンになり、手触り感でわかります。この状態では運動やダイエットに力を入れてもなかなか簡単に除去されません。

セルライトを予防するには、食生活や生活習慣の改善が求められます。脂肪分の多い食事を避ける必要があります。セルライトを除去するには、血行促進効果の高いマッサージを行うことにより、改善できる可能性があります。セルライトが下半身太りの原因とよく言われていますが、上半身と比較すると、下半身は心臓の位置に遠いこともあり、リンパ液や血液の循環がやや劣ることからセルライトができやすいと考えられています。

      スポンサードリンク
     

当サイト人気コンテンツ

★ ストレッチでセルライト解消
★ アロマテラピーについて
★ 一風変わったマッサージ法
★ セルライトマッサージについて
★ 体の部分別のマッサージ


Copyright (C) 2007 セルライトマッサージのページ All Rights Reserved.
[PR]  シンガポールドル FX システムトレード オーストラリアドル 豪ドル