入浴でセルライトマッサージ


わたしたちの毎日の生活習慣の中には、お風呂での入浴があります。入浴は、おもに3つの意味があります。心身を癒して1日の疲れをとる効果、もうひとつは、体の汚れを落とす効果があります。もうひとつは、お湯につかることで体の芯からあたためて、新陳代謝を高めて、血行促進する効果があります。セルライトを除去するには、入浴後に体の冷えがおさまり、血液循環が活発になったときに行うと、最も効果的です。

セルライトのマッサージは、入浴タイムがオススメです。ます、お風呂の温度は、少しぬるい程度が適温です。夏は37-39度、冬の寒い時期は38度から40度ぐらいがちょうどいいでしょう。お風呂は熱い温度でなければ気がすまないという人がいますが、実は、暑い温度のお風呂につかると、皮膚の表面が厚く感じられるだけで、体内まで温まることができません。お風呂上がりには、すぐに体が冷えてしまい、ガス代のムダにもなります。

ぬるめの温度にゆっくりとつかると、湯あたりしにくく、20〜30分程度つかっていても、快適に過ごすことができます。この間に体の芯がポカポカとあったまり、体の冷えもほぐれてきます。入浴で、血液の流れがよくなり、リンパ液の流れもよりスムーズになります。セルライトができやすい人は、血行不良やリンパ液の流れが悪い人に多く見られます。まずは、セルライトができる原因を取り除くことで、セルライト発生の予防・改善対策とができます。

      スポンサードリンク
     

当サイト人気コンテンツ

★ ストレッチでセルライト解消
★ アロマテラピーについて
★ 一風変わったマッサージ法
★ セルライトマッサージについて
★ 体の部分別のマッサージ


Copyright (C) 2007 セルライトマッサージのページ All Rights Reserved.